▼借金問題に専門特化した妥協なき債務整理!

債務整理の種類とは、4つの方法からなります。

債務整理には大きく分けて4つの方法
任意整理、特定調停、(個人)民事再生、自己破産、
が用意されています。


最初に、当てはめて考えてみるのは、任意整理です。

次に、民事再生と特定調停です。

最後に、債務整理の最終手段である、自己破産の順になります。


■任意整理(にんいせいり)


任意整理とは、
裁判所など第三者機関を通さずに
債務者と債権者の双方が直接あって、
今後の返済計画を決めていく方法を言います。

任意整理によって、
債務者が現実的に返済できるような方法を模索し、
新たな返済計画を決めていきます。

続きを読む…



■特定調停(とくていちょうてい)


特定調停は簡易裁判所から派遣された調停員を間に入れて、
今後の返済計画を練り直す方法のことを言います。


特定調停では、
3年程度の目安で借金の返済計画を
立てるのが一般的になっています。


続きを読む…



■(個人)民事再生(こじんみんじさいせい)


民事再生は、借金の額を少し減額してもらうことによって、
確実な返済ができるようにすることを言います。


民事再生では、
3年で返済できるような計画案を作るのが一般的とされています。


続きを読む…




■自己破産(じこはさん)

債務整理で最終手段が自己破産です。


自己破産は、上にあげたいずれの方法でも
解決できない時に使われます。


自分の持っている全財産を債権者に分配をして、
それ以上の債権は放棄してもらう方法のことを自己破産と言います。


続きを読む…









posted by 債務整理です。 at 16:16 | Comment(0) | 債務整理とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。