▼借金問題に専門特化した妥協なき債務整理!

債務整理とみなし弁済とは

債務整理を行う場合、
利息制限法に基づいて適正な利息の額を計算し直します。


そして、
適正以上の利息を支払っている場合には、
その部分を元本返済に充てて、借金の減額を行うことができます。


ところが債権者は利息制限法以上の利息を徴収していても
問題のないケースがあります。


それが「みなし弁済」です。


みなし弁済とは、債務者が利息制限法よりも
高い利率で利息を払うことを認識していることが条件となります。


そのうえで、債務者が任意で利息の返済を
行っている場合があてはまります。


■みなし弁済が認められる場合

●業者が貸金業者として登録していること、
●貸付の書面を貸金業法で定められている形式で交付をしていること

などの制限が加わります。


しかしながら、これらの条件をクリアしている貸金業者はほとんどないのです。


最高裁もかなり、みなし弁済を認めるのは厳しいという立場を打ち出しています。


ですから、債務整理を行った場合、
たいていの場合、
不当な利息を認めないことで借金を圧縮させることができます。


ですから、借金の返済が難しくなった場合には、
できるだけ早く債務整理の手続きを進めるのが良いといえるのです。




債務整理を専門家に依頼の検討中でしたら、
まずは、無料で相談メールで対応している業者、
詳しい詳細は下記の画像からどうぞ

↓ ↓ ↓
▼借金問題の専門!

















posted by 債務整理です。 at 23:36 | Comment(0) | 債務整理とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。