▼借金問題に専門特化した妥協なき債務整理!

債務整理にかかる費用とは?

債務整理の手続きをする場合には、費用が発生します。


費用については、
4つの方法のどれを実行するかによって違ってきます。
自分で実行する場合には、
本を読んだりして法律を勉強したり、交通費など、もろもろかかります。



●特定調停


特定調停を選択する場合には、
300円の印紙代と420円の切手代を
債権者の数分用意することになります。



●(個人)民事再生


民事再生を選択した場合には、
裁判の申し立てをするための費用が必要になります。
たいていは1万円前後かかります。


そして、裁判所に予納金を納める必要があります、
だいたい、20万円程度かかるようです。


弁護士を雇って手続きを代行してもらう場合には、、
だいたい、50万円ぐらいの報酬を請求してくる場合が多いようです。



●自己破産


自己破産についても、
弁護士に依頼をして手続きを行うことになりますから、
弁護士への費用が必要になります。


しかし、自己破産を選択するわけですから、
お金に余裕などないでしょう。


このような場合には「法律扶助制度」を活用しましょう。


法律扶助制度を利用すれば、
弁護士費用を立て替えてもらうことができます。



●任意整理


債務整理の中で、
公的な機関を通さないのが任意整理です。


この債務整理の任意整理の方法は、
弁護士や司法書士の事務所の腕にかかるところが大きいので、
費用については、十分に相談をしましょう。





任意整理を専門家に依頼の検討中でしたら、
まずは、無料で相談メールで対応している業者、
詳しい詳細は下記の画像からどうぞ

↓ ↓ ↓
▼借金問題の専門!














posted by 債務整理です。 at 00:24 | Comment(0) | 費用と専門家の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。