▼借金問題に専門特化した妥協なき債務整理!

保証人と債務整理

●保証人には債務義務は発生しません
●しかし、連帯保証人には債務義務が発生します!


借金をしている場合、
だれか別の人に保証人をしてもらうケースには、


債務整理をした場合、
保証人にはどのように影響が及ぶのか。


ただの保証人の場合には、
債務者(借金を借りている人)が債務整理の手続きを始めたとしても
保証人へ取り立てが行くとかの直接的な影響はありません。


しかし「連帯」保証人がいる場合には深刻な影響が及んでしまいます。


もし債務者が債務整理の手続きを始める場合には、
たとえ債務者に債務の義務がなくなっても、
連帯保証人の人には返済の義務が発生することになるのです。


債務整理の最終手段である、
自己破産がありますが、
自己破産で債務を帳消しにしても
連帯保証人には返済義務が残ってしまいます。


ですから、連帯保証人には多大な迷惑をかけることになるわけです。


もし返済が困難となってしまい、
実際に債務整理の手続きに移行をする場合、
連帯保証人がいる場合であれば、
すぐに、そのことをあらかじめ相手に話すことが必要です。


そして、なんとか一緒に連帯保証人の方にも、
債務整理の手続きを始めるようにすすめましょう。


お金を借りるのに、
連帯保証人がいないと、お金を借りられないという場合もあるからです。


ですから、債務整理する場合には、連帯保証人に対して、
早急に報告をする義務が債務者にはあります。


一緒に、債務整理をするように話してみてください。




任意整理を専門家に依頼の検討中でしたら、
まずは、無料で相談メールで対応している業者、
詳しい詳細は下記の画像からどうぞ

↓ ↓ ↓
▼借金問題の専門!















posted by 債務整理です。 at 00:35 | Comment(0) | 連帯保証人の方も一緒に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。