▼借金問題に専門特化した妥協なき債務整理!

特定調停(とくていちょうてい)とは?

特定調停という方法もあります。
だいたいにおいて、
借金返済の法律のプロの司法書士や弁護士に頼まずに、
自分で自力で実行します。


特定調停とは、
簡易裁判所から派遣された調停員を間に仲介役として話し合い、
今後の返済計画を打ち出していく方法のことを言います。


特定調停では、
3年ぐらいの目安で借金の返済計画を立てるのが普通です。


裁判所に申し立てをすると、すぐに取立てがストップします。


費用は抑えられますが、
払いすぎ金利(過払い金)がある場合、
それとは別に訴訟をしなければなりません(過払い請求と言います)


手続きの流れは任意整理と似ています。



■特定調停のメリットとデメリット


債務整理の4つの方法には、
それぞれメリットとデメリットがあります。


●メリット


費用が安く済むというメリットもあります。


債務の状況によりますが、申し立てから3〜4か月ぐらいで、
早く解決することができます。


自分で特定調停を裁判所に申し立てる場合には、
印紙代と切手代の借入社数分だけ用意するだけで済みます。
手続きの費用はほとんどかかりません。


注意点は、債務者が調停の日には、必ず裁判所に足を運ぶ必要があります。



●デメリット


返済が滞った場合には、財産が差し押さえられてしまいます。
国が債権者に変わって強制的に債権を回収してきます。
その際の差し押さえや取立てにより、債務者の財産が回収されます。


2〜7年程度の間は新規借り入れが難しくなる恐れがあります。
信用情報機関への掲載(ブラックリスト)に記載される可能性があるからです。



任意整理とは異なり、
過払い金が生じている場合は、別に訴訟が必要になります。



自分で自力で実行することになるので、
債務整理の法律の勉強する必要があります。





債務整理を専門家に依頼の検討中でしたら、
まずは、無料で相談メールで対応している業者、
詳しい詳細は下記の画像からどうぞ

↓ ↓ ↓
▼借金問題の専門!













posted by 債務整理です。 at 16:55 | Comment(1) | 特定調停とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by 特定口座 at 2012年03月13日 17:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。