▼借金問題に専門特化した妥協なき債務整理!

(個人)民事再生(こじんみんじさいせい)とは?

債務整理には民事再生という方法もあります。


任意整理よりも、借金の金額が大きい場合に適応されます。
そして、マイホームを手放したくないという、
住宅ローンを抱えている場合にも適応されることが多いです。


民事再生は、借金の額を少し減額してもらうことによって、
確実な返済ができるようにする方法です。


民事再生では、
3年で返済できるような計画案を作るのが普通です。


ほかの債務整理方法の場合には、住宅ローンについても債務整理の対象となり、
住宅を処分しなければならない場合がありますが、
個人再生(個人民事再生)には、住宅ローンについての特例があります。


司法書士や弁護士が民事再生に必要な書類をすべて揃え、
債務者本人が裁判所に民事再生の手続をし申し立てをします。


再生計画の認可決定で、個人再生手続きの終了となります。


期間が約6か月ほどかかります。


民事再生は、
住宅ローンを除く借金総額が5,000万円以下であり、
将来に渡り継続し反復して収入の見込みのある人が対象となる債務整理の手続きです。


持ち家を残したまま借金総額を大幅に減らせるのが特徴で、
住宅ローンを除く借金の総額を100万円〜5分の1まで減額することができ、
残りを通常3年で返済することになります。




個人再生は「借金を整理したいが、持ち家は手放したくない」
という方には最適な方法ですが、
手続きが複雑な債務整理の方法であるといえます。




●民事再生のデメリット

住宅ローンについては減額されません。
将来の継続的な収入が必要です。
住宅ローンが一定の要件を満たしていないと、特例の対象外になります。



●民事再生のメリット

住宅ローン以外の借金を大幅に減らせます。
持ち家マイホームを手放さなくて良いです。



民事再生を専門家に依頼の検討中でしたら、
まずは、無料で相談メールで対応している業者、
詳しい詳細は下記の画像からどうぞ

↓ ↓ ↓
▼借金問題の専門!

















posted by 債務整理です。 at 14:46 | Comment(0) | 民事再生とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。