▼借金問題に専門特化した妥協なき債務整理!

債務整理とは?

債務整理とは?


借金が膨らんで返すことができない場合、
法律に頼ることが出来ます。


いったい、どうやって借金を返済するのか?


法律の力を借りて、借金返済計画の方法が、債務整理です。


債務整理というのは、
自分の収入と借金の額を比較して、
どうしても返すのが困難である場合に、
とても返済は不可能という時のための制度のことです。


借金をしている人に、もう一度、頑張ってみようじゃないかと、
経済的に社会復帰できるチャンスの制度です。


債務整理をしたほうがいい人は、
借金の額があまりにも巨額の人や
多重債務で返済に四苦八苦している人も含まれます。


無理な返済を続けていくよりも、この制度に救済を求めたほうが、
経済的、精神的な心配はかなり軽減されます。


債務整理には個人で債務を抱えている人の場合、
任意整理、自己破産、民事再生、特定調停の
4つの方法が用意されています。


どの方法にも、
メリットとリスクがありますからいずれの方法をとるかは、
借金の債務状況と当人の意思で決定できます。


そして、早めに返済の対策を実行するほど、
選択肢も多くなります。


ですから、
自分の借金の返済の見込みが見えそうにないという場合には、
この4つの制度に当てはめて考えて実行した方がよいです。


借金返済を専門に取り扱っている、
弁護士や司法書士に相談をすると、より詳細に制度の説明をしてくれます。




債務整理を専門家に依頼の検討中でしたら、
まずは、無料で相談メールで対応している業者、
詳しい詳細は下記の画像からどうぞ

↓ ↓ ↓
▼借金問題の専門!




















posted by 債務整理です。 at 21:48 | Comment(0) | 債務整理とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

債務整理の種類とは、4つの方法からなります。

債務整理には大きく分けて4つの方法
任意整理、特定調停、(個人)民事再生、自己破産、
が用意されています。


最初に、当てはめて考えてみるのは、任意整理です。

次に、民事再生と特定調停です。

最後に、債務整理の最終手段である、自己破産の順になります。


■任意整理(にんいせいり)


任意整理とは、
裁判所など第三者機関を通さずに
債務者と債権者の双方が直接あって、
今後の返済計画を決めていく方法を言います。

任意整理によって、
債務者が現実的に返済できるような方法を模索し、
新たな返済計画を決めていきます。

続きを読む…



■特定調停(とくていちょうてい)


特定調停は簡易裁判所から派遣された調停員を間に入れて、
今後の返済計画を練り直す方法のことを言います。


特定調停では、
3年程度の目安で借金の返済計画を
立てるのが一般的になっています。


続きを読む…



■(個人)民事再生(こじんみんじさいせい)


民事再生は、借金の額を少し減額してもらうことによって、
確実な返済ができるようにすることを言います。


民事再生では、
3年で返済できるような計画案を作るのが一般的とされています。


続きを読む…




■自己破産(じこはさん)

債務整理で最終手段が自己破産です。


自己破産は、上にあげたいずれの方法でも
解決できない時に使われます。


自分の持っている全財産を債権者に分配をして、
それ以上の債権は放棄してもらう方法のことを自己破産と言います。


続きを読む…









posted by 債務整理です。 at 16:16 | Comment(0) | 債務整理とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

債務整理方法の選び方

債務整理の方法には4つの種類があります。


どの債務整理の方法を選択するかについては、
借金の額と収入状況を見て判断することになります。


まず、借金の額が、多いか少ないかが大きな基準となってきます。


借金の額が比較的少ないようであれば、
当事者同士で今後の返済計画を考える任意整理という方法が取られます。


任意整理の時点で話し合いを持つことによって、
借金の負担を最小限に抑えることができます。


しかし、任意整理では、返済計画をまとめることができなかった場合や、
借金の額が大きい場合や、和解が成立しなかった場合に、
特定調停や民事再生という方法が取られます。


また民事再生については、
持ち家マイホームを手放したくないが、
住宅ローンを抱えているという場合にも、この債務整理が適用されます。



それでも借金の額があまりにも巨額であるなど、
返済の計画が立てられない返済不可能な収入状況である場合には、
自己破産という方法が取られます。


債務整理では、自己破産が最終手段となるのです。


この4つの方法のいずれを選び実行して、
借金を整理するかについては、
借金返済の専門家に相談するといいでしょう。


弁護士や司法書士に借金の状況と収入の状況とを話して、
早い借金返済計画を打ち出し実行するか聞いてみるとよいです。




債務整理を専門家に依頼の検討中でしたら、
まずは、無料で相談メールで対応している業者、
詳しい詳細は下記の画像からどうぞ

↓ ↓ ↓
▼借金問題の専門!















posted by 債務整理です。 at 13:46 | Comment(0) | 債務整理とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

債務整理とおまとめローン(借金一本化返済)の違い

債務整理とおまとめローン(借金一本化)の違いですが、


最近、テレビやネットの広告などで、
宣伝されている「おまとめローン」があります。


このおまとめローンの特徴とは?


おまとめローンとは、
多重債務者が色々な金融業者から借り入れている債務を
金融機関がまとめて返済をすることをいう借金の一本化のことです。



債務の肩代わりをしたをした金融機関に債務者は返済をするという形になります。



だいたいにおいて、いろいろな所でお金を借りている多重債務者は、
普通の金利より高い、高金利で借金をしているケースが多いですから、
そこで、おまとめローンを利用することによって、
金利を安くした状態で返済をするという仕組みです。


しかし、おまとめローンは、借金の総額はそのまま残ります、
借金の返済状況によっては、あまり大きな変化がおきない場合があります。


そのときは、債務整理をやってみましょう。


債務整理の方法の1つである、
任意整理の場合には、利息の引きなおし計算をして、
債務者に合った借金の返済計画を作り直します。


収入面で自信がない場合には、おまとめローンよりも、
債務整理を行ったほうが得になります。


多重債務で困っている場合にはおまとめローンよりも、
借金問題である債務整理を専門的に行っている、
弁護士や司法書士に相談する方が良いでしょう。




債務整理を専門家に依頼の検討中でしたら、
まずは、無料で相談メールで対応している業者、
詳しい詳細は下記の画像からどうぞ

↓ ↓ ↓
▼借金問題の専門!















posted by 債務整理です。 at 13:51 | Comment(0) | 債務整理とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

債務整理とみなし弁済とは

債務整理を行う場合、
利息制限法に基づいて適正な利息の額を計算し直します。


そして、
適正以上の利息を支払っている場合には、
その部分を元本返済に充てて、借金の減額を行うことができます。


ところが債権者は利息制限法以上の利息を徴収していても
問題のないケースがあります。


それが「みなし弁済」です。


みなし弁済とは、債務者が利息制限法よりも
高い利率で利息を払うことを認識していることが条件となります。


そのうえで、債務者が任意で利息の返済を
行っている場合があてはまります。


■みなし弁済が認められる場合

●業者が貸金業者として登録していること、
●貸付の書面を貸金業法で定められている形式で交付をしていること

などの制限が加わります。


しかしながら、これらの条件をクリアしている貸金業者はほとんどないのです。


最高裁もかなり、みなし弁済を認めるのは厳しいという立場を打ち出しています。


ですから、債務整理を行った場合、
たいていの場合、
不当な利息を認めないことで借金を圧縮させることができます。


ですから、借金の返済が難しくなった場合には、
できるだけ早く債務整理の手続きを進めるのが良いといえるのです。




債務整理を専門家に依頼の検討中でしたら、
まずは、無料で相談メールで対応している業者、
詳しい詳細は下記の画像からどうぞ

↓ ↓ ↓
▼借金問題の専門!

















posted by 債務整理です。 at 23:36 | Comment(0) | 債務整理とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。