▼借金問題に専門特化した妥協なき債務整理!

債務整理をするメリット

債務整理のメリットとして、
現在の借金返済が、一時的に中断されることです。


借金の返済自体もきついですが、取り立ての電話など、
精神的プレッシャーに倒れる人は多いです。


債務整理の手続きをとる場合、
弁護士や司法書士といった専門家の人が間に入ります。
※自分で実行することも可能です、しかし法律の知識が必要になります。


そして、弁護士や司法書士の人から手続き開始の通知が債権者に送付されます。


手続き開始の通知を受け取った債権者は、
今後一切の取り立て行為を債務者に対して行うことができません。


ですから、平穏な日々を取り戻すことができるようになります。


また将来的な返済額を減額することがかなりの確率でできます。


「グレーゾーン金利」といいますが、
利息制限法を超える金利をとっている金融業者は結構いるからです。


もし利息制限法を超える利息を取っていた場合には、
その部分は違法の対象となります。


よって違反部分の利息(過払いと言います)は元本の返済に充てることができます。
ですから、借金返済部分を減らすことができるようになります。
もちろん、将来の返済にも違法金利が付くことはありません。


このように、過剰な借金返済の重荷から解放されるのです。



●借金の取立て行為がストップします。
●払いすぎの金利(過払い金)がある場合、借金にあて減額できます。
●残りを返済する場合にも、違法な金利がつくことはありません。





債務整理を専門家に依頼の検討中でしたら、
まずは、無料で相談メールで対応している業者、
詳しい詳細は下記の画像からどうぞ

↓ ↓ ↓
▼借金問題の専門!

















posted by 債務整理です。 at 13:49 | Comment(0) | 債務整理のメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

債務整理と住宅ローン

民事再生という債務整理がおススメの場合、
債務整理で借金を返済したいが、
持ち家マイホームを絶対に手放したくないという人です。


民事再生では、
住宅ローン以外の、債務についてのローンの整理を行います。


民事再生が適用されるには条件があります。


まず、安定した収入がこれから先も見込める人です。


そのうえで住宅ローンを除いた債務の額が
5千万円以下の場合に適用されます。


民事再生という債務整理の方法が適用されると、
住宅ローンを除いた債務額を約2割程度、
大幅に圧縮することができます。


通常の場合、圧縮した後の債務額は
100万円から300万円の間に収まるようになります。


圧縮された債務額を、だいたいの場合、
3年間で支払うことを条件として、
民事再生による債務整理案は決定されます。


そして、場合によっては、
返済期間を最長で5年程度までに引き伸ばすことが出来る場合があります。
つまり、住宅ローンについての支払い猶予が行われるのです。


最長で10年程度の支払い猶予が適用されますから、
マイホームを手放すという危機をとりあえず回避することができます。


ただし債権者のうち過半数が妥協案に異議を唱えた場合には、
借金の圧縮をすることができなくなり、
民事再生法が行使することができなくなってしまいます。




債務整理を専門家に依頼の検討中でしたら、
まずは、無料で相談メールで対応している業者、
詳しい詳細は下記の画像からどうぞ

↓ ↓ ↓
▼借金問題の専門!
















posted by 債務整理です。 at 11:41 | Comment(0) | 債務整理のメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。