▼借金問題に専門特化した妥協なき債務整理!

債務整理のデメリット注意点!

債務整理をすることによって、
確かに借金を減額できたり場合によっては
借金をなかったことにすることもできます。


しかし、債務整理をすることによって
デメリットが生じることもありますから、注意しましょう。


個人信用情報機関というところがありますが、
ここには、個人の信用情報が掲載されていて、
ローンやクレジットカード会社が審査の時に利用をします。


もし債務整理の手続きを行った場合には、
その事実が個人信用情報に掲載されます。


ですからしばらくの間は、
ローンを組んだりクレジットカードを新しく作ることはできなくなります。


個人信用情報機関はいくつかあります。
ですから多少の違いがありますが、
通常は5〜7年程度は「事故情報」という形で掲載し続けます。



任意整理を選択した場合、確かに解決は早くなります。


しかし一方で、債権者が納得をしない限り、
任意整理の場を設けることができなくなります。


ほかにも民事再生などの裁判所を通じたところでの交渉もありますが、
時間がかなりかかってしまうのがデメリットです。



自己破産もデメリットがあります。
返済にあてるため生活必需品以外のものはすべて処分されます。
ギャンブルなどのでの理由の場合には、自己破産宣告を受けることができません。




債務整理を専門家に依頼の検討中でしたら、
まずは、無料で相談メールで対応している業者、
詳しい詳細は下記の画像からどうぞ

↓ ↓ ↓
▼借金問題の専門!

















posted by 債務整理です。 at 13:50 | Comment(0) | 債務整理のデメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

債務整理とプライバシー

債務整理をすることを、
大変、恥ずかしいこと、不名誉なことと思う人はたくさんいます。
(まったく、そんなことないんですよ)


できることなら、
周囲の人たちに知られずに
債務整理をして手続きを進めていきたいと思いますよね。


債務整理の中には、任意整理という方法があります。


任意整理とは、
債務者と債権者が直接交渉をして、
債務者の借金の返済計画を
返済可能な計画に変える方法のことを言います。


任意整理の場合、
債務者(お金を借りた側)と債権者(お金を貸した側)が
裁判所などを通さず、当事者間で話し合いがもたれます。


そして債務者側は、
弁護士や司法書士が代行して代理人として交渉にあたってくれた場合には、
債務者当人が話し合いに出席する義務はありません。


ですから、家族の人や職場の同僚など、
自分に近い人たちに対しても、
手続きを進めているということは知られないはずです。


ほかにも方法がありますが、家族や同僚に見つかる恐れがあります。
特定調停や個人再生はじめ裁判所を間に入れる場合には、
裁判所に出廷をする必要があるからです。


任意整理についても、
悪質な闇金などから借金をしている場合には、
嫌がらせで家族などにその事実を公表される可能性があります。


ですから、こっそり、債務整理していても、
プライバシーを万全に保護できる、
という保証はまったくないとは言えないのです。




債務整理を専門家に依頼の検討中でしたら、
まずは、無料で相談メールで対応している業者、
詳しい詳細は下記の画像からどうぞ

↓ ↓ ↓
▼借金問題の専門!
















posted by 債務整理です。 at 13:52 | Comment(0) | 債務整理のデメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。