▼借金問題に専門特化した妥協なき債務整理!

債務整理と過払い金

債務整理の手続きを弁護士なり司法書士なりに依頼したり、
自分で利息の引きなおし計算をしてみると、
ほとんどの確率で発覚するのが過払い金です。


過払い金というのは、払いすぎた利息のことです。
グレーゾーン金利というのがまかり通ってきたために発生したお金です。


金利に関する法律には、
罰則のない利息制限法と罰則のある出資法があります。


この両者の間の、
違法ではあるけれども刑事責任がないところをグレーゾーン金利といいます。


刑事責任はないかもしれませんが、
利息制限法違反ですから、
利息制限法以上の金利で取り立てた利息分については無効となるはずです。


この余計に支払ってしまった利息、これを過払い金というのです。


過払い金については、利息の支払いではなくなりますから、
利息ではなく元本の返済に充てることができます。


よって、過払い金が発生している場合には、
借金総額にあて減額することができるというわけです。


債務整理を弁護士に依頼すると、
まず利息の過払いがないかどうかが確認されます。


利息制限法で取ってもいい利息の限度額で計算をしなおしするのです。


そして、過払い金がいくらで、
どれだけの借金の減額につながるかをチェックします。


これは、4つの債務整理の手続きのどれもでも必ず行われる作業の一つです。



●過払い金が発生しているなら、その過払い金をあて借金が減額できます。





過払い請求を専門家に依頼の検討中でしたら、
まずは、無料で相談メールで対応している業者、
詳しい詳細は下記の画像からどうぞ

↓ ↓ ↓
▼借金問題の専門!


















posted by 債務整理です。 at 21:46 | Comment(0) | 過払い金とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。